坂道を歩くことで足を鍛えよう

ウォーキングは何度もご紹介してきたように走るための筋力をアップさせる良いトレーニングです。しかも、足に負担をかけませんから、足の故障が少ないのが良い点です。

このウォーキングにちょっとした工夫を加えることで、さらに効果的に走るための足を作ることができるようになります。

その工夫とは、坂道を歩く・・・ということです。

上り坂を歩くとわかりますが、結構きついトレーニングになります。日頃から坂道をウォーキングすると、脚の筋力がついてくることが実感できると思います。

このようにして、坂道など傾斜のあるところを歩くことをスローピングと言います。スロープは傾斜という意味があります。

スローピングをするとウォーキングに比べて消費カロリーがアップします、さらに筋肉がつきやすくなりますから、ランニングのための準備としては非常に効果的なのです。

坂道だけでなく、階段を上ることも非常に効果的です。

電車通勤をしている人などはわざと階段を使うようにするのも良い方法ですね。

また、休日などには山歩きをするのもおすすめです。山歩きを続けていると、筋力も格段にアップしますし、ダイエット効果もあります。若返りの効果もありますから、是非実践して欲しいですね。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集