ランニングのフォームと体のバランス、左右に傾く?

走り方は人それぞれです。トップランナーであっても、体を傾けて走るようなフォームをしている人もいます。それはそれでその人に合った走り方であれば治す必要はないと言われています。

しかし、それが原因で疲労をしたり、怪我につながったり、楽しく走れなくなるようであれば、それは治す必要があるのではないでしょうか?

左右のバランスが悪いランナーの中には以前に他のスポーツをやっていた方もいるようです。普通、他のスポーツをやっていたのだから、バランス感覚は優れているように思いますよね?

しかし、片方の足だけを多く使うスポーツ、片方の腕だけを多く使うスポーツなどはバランスが悪い・・・と指摘するスポーツドクターもいます。

例えば、テニス。

私の知人も全国レベルのテニスプレーヤーでした。ある日、肩を痛めて医師に診てもらったら、「テニスは右手だけを使うからバランスが悪い」と指摘されたそうです。

片方の腕や足だけ、筋力が圧倒的に強くなっていると、やはり走りのバランスにも影響が出てくることがあります。

そんな人は弱い方の足や腕などの筋力をアップさせてあげると、バランスよく走れるようになることがあります。

また、立っている時に癖でどちらかの足に体重をかけたりすることもあるでしょうが、それもバランスを悪くさせる要因になりますから、普段とは逆のことをするようにすると良いのではないでしょうか。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集