ランニング:踵(かかと)から着地が上手くできないなら

以前にも「初心者がランニングフォームで気をつけること」や「着地はかかと?つま先?」でもご紹介しましたが、基本は踵着地です。

足裏を転がすように・・・と小出監督などは表現されています。

ただ、これをあまりに意識しすぎるとつま先を意識的に上げてかかとから着地しようとしてしまうことがあります。

こうなると、ふくらはぎに無理な力がかかるなどして、怪我の原因になることがあります。また、かかとを意識するあまりに、走りがぎこちなく感じて今度は膝の関節に負担がかかってしまうことがあります。

そうならないためには、足裏全体で着地するイメージでまずは歩いてみてはどうかなと思います。

走る際はスピードが出ますから、足裏全体のイメージでもかかと着地になるものです。

まぁこれもやり方は人それぞれです。私は個人的に足裏全体のイメージの方が結果的にはかかと着地になって良いと感じています。

あなたも色々と試してみるといいと思います。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集