ランニング、着地はかかと?つま先?

ベテランランナーなどの場合は特に意識するわけでもなく、かかとから着地しているのが一般的です。

つま先から着地する人もいますが、初心者の場合はあまりおすすめできる着地方法ではありません。

例えば、短距離走などの場合はかかとからは着地しません。つま先着地ですね。ところが、長距離でつま先着地をすると、それがブレーキのような作用をしてしまうことがあります。

また、つま先から着地していると足首の関節などやふくらはぎに負担がかかることもあります。

ですから、ランニングの場合はかかとから着地する方がよいと一般的に言われています。ただし、かかとがいいと意識しすぎてしまうあまり、不自然な着地になってしまっている方もいます。

こうなると、逆に足に負担がかかってしまいます。

ですから、つま先着地にならないようにしながらも、足の裏全体で着地するような意識で行うのがいいのではないかと思います。

高橋尚子さんを育てた小出監督などは、「足裏を転がすように使うのがコツ」と語っています。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集